MVNO(格安SIM)

mineo(docomo回線)というMVNOをiPadで使い始めて半月がたったのでMVNOについてちょっと書いてみる。(結論、MVNO使うとお得だからみんなにもオススメだよって話。ただ、電話をよく発信する人はちょっと不便かも)

まず、通信の品質という観点では、mineoはまったく問題なかった。メールやtwitter、ネットブラウジングなどをする範囲ではなにも気にならない。価格面では10GB(with SMS)で2850円とかなりお得感がある。iPad Proの本体代(約11万円)、初期費用とあわせて、2年間で181400円くらいになる計算だ。(これがdocomoだと実質28,512円と8GB月々7900円をあわせて、218500円くらいになる。) 料金的にキャリアを使うよりも2年間で3万7千円お得になるし、なによりうれしいのが通信容量が月2GB(mineoのフリータンクというのを使うと3GB)も増えるということだ。デメリットとしてはiPadの本体代を一気に払わないといけないということがあるけど、資金がない場合はApple自体で分割払にしたりもできるらしい。

次にスマホ(iPhone)もMVNOに移行することを画策してるんだけど、au回線のMVNOだとテザリングができないので個人的にはiPhone6(au)のままMVNOに移行するのは辛い。ので、iPhone7が出たらSIMフリー版を購入し、なにかしらのMVNOで使う予定。

iPhone7の価格は分からないから、仮でiPhone 6sで計算してみる。auでiPhone7にすると5GB(スーパーカケホ)のプランで月額9700円ほどする。2年間で232800円だ。これをmineoにすると5GBプランで月額2462円になる。本体代11万円などとあわせて172000円だ。なんと6万円も安くなる。または、10GBプランであっても2年間で196500円なので3万7千円ほど安い計算だ。カケホプランがなくなるので、電話代が気になるところだけど、着信はどちらも無料なので考えないとして、発信をどうするかが課題になる。電話を1日1回は発信している。(工夫無しにmineoで電話をすると30秒20円なのだ。5分で200円)

ひかり電話を利用しているので、VPN越しにひかり電話をiPhone/iPadでかけるという手があるけど、コールバックされた際にVPNをつなぎ忘れてるとiPhoneで着信できないのでこれはNG。Skypeは日本だと携帯電話の番号ではなく050番になってしまうのでこれもあまりうれしくない(が、ダメではない)。LINE Outは「LINE」という点であまり使いたくなかったけど、これであれば(相手がdocomo回線以外であれば)携帯電話の番号が相手に表示される。mineoではなくカケホプランのあるMVNOを利用するという手もあるかもしれない(が、通信品質が不安)。というところで若干迷っている。が、電話をする相手はそもそも数名しかいないので、そこまで気にしなくてもいいのかも。通信品質重視で、おそらくmineoかiijを選び、電話は着信は電話アプリ・発信はLINE Out(コールクレジット)という運用になりそう。発信は多くみても月30回x3分という感じなのでコールクレジットで1300円。2年間で31200円だ。

電話の分をあわせて考えても5GBプラン同士の比較で約3万円、10GBプランに増やしても6千円ほど安い計算になる。

ちなみに、mineoで通信開始できるまでに10分とかかからなかったし、セットアップの心配はしなくていいと思う。けど、MVNOはキャリアに比べてショップがないからサポートが薄かったりとかはあるし、ITリテラシーの高い友人がまわりにいない場合は気をつけた方がいいかもしれない。

mineoは http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=T1Z3C4A6M9 から登録してもらうと僕が特典もらえるらしいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中