2016/08/28 夢アドfortune

追加1部のユメリンピックは4 in a lineというゲームだった。この4 in a lineというのは、テトリスとかぷよぷよみたいに上から下に玉を落として、五目並べみたいに4個並んだら勝ちというゲームなんだけど、なかなか戦略性があって、とても楽しかった。メンバーもオタクも真剣勝負になって、黙々と取り組んでいたのが可笑しかった。真剣にたたかっている友美ちゃんは(見た目は)凜々しく美しかった。番外編で最速パターンの4手で勝ったのはなかなか拍子抜けだった。両方が空いてる棒三状態に次の手でなるというのはなかなか認識しづらいから仕方ないのかもしれない。

追加2部はボールを的に当てるゲームだった。ゆうみちゃんが体重をのせてボールを投げてて、いろいろ破壊しないかわりとはらはらしたりした。センター気質だねって言われたけれど、僕は人前に立つのを好まないからその誤解は解いていきたい。暇なのか、膝を抱えて椅子の上で丸くなるきょうたんが可愛かった。

ユメリンピックの無印1部・2部は残念ながら抽選から漏れたので、お昼ご飯へ。3人で串カツに行こうとしてたんだけど、途中に美味しそうなハンバーグ屋さんを見つけ、急遽そこに決めた。ハンバーグは肉肉しくはなかったけど、上品な味付けと柔らかさでとても美味しかった。その後は上島珈琲で時間を潰した。あそこのレモネードはかなり酸っぱい。

握手とツーショの1部ではゆうみちゃんがヒカキンが好きということを聞いた。ヒカキンさんは名前は知ってるけど滅多に動画は見ないし、食わず嫌いを改めて、今度見てみようと思う。べーさんにやたら持ち上げられたけど、ほりうちは結婚相手は募集中です。そして、今度認知心理学の分かりやすい本を持って行くという宿題ができた。ふと、帰りの車中で思ったんだけど、ゆうみちゃんは今後はどこを目指しているんだろう?モデルとしてはかなり上り詰め(?)、夢アドとサマーをがんばり、最近は映画やドラマもがんばってるけど、バラエティにも出るようなマルチタレントなんだろうか?あるいは歌と芝居に絞るのだろうか?どこまでも応援したいけれど、口やかましいオタクにもなりたくないし、聞くのも少し憚られる。(注: ここでの憚られる<はばかられる>は、「失礼ではないかと気にして、遠慮してそういうことをしないようにする」って意味ね)

2部は、チェキの機械が壊れたのか、変則的な案内だった。ゆうみちゃんは天才型で継続的な努力ができないとか、小説読まないとか、かなり僕と重なる部分があって、同類という感じがして勝手に親近感を覚えた。それにしても、もちろん今日も可愛かったのは大前提として、リキッドファンデーションの偉大さを知った。肌が荒れてるように見えたんだけど、それは今日リキッドファンデーションをしてないかららしい。普段の艶やかな肌はリキッドファンデーションに預かるところが大きいらしい。

全員ショットを撮って、オタクたちと合流した。(全員ショットは、ぶれてないのに枠が大きくずれるという珍しい感じのミスショットになってた。1番最初にいったからカメラにまだ馴染んでなかったのかな。)

帰り、Kさんほかと連れだってお好み焼きを食べに行ったんだけど、味乃家というお店がどのメニューも美味しく(特に焼きそばがexcellentだった)、大正解だった。またぜひ行きたい。

次はカルチャーズのライブ2つと、それとmumo、@JAMだ。それが終われば渋谷wwwだけど、そこから先は月1とか2ぐらいでしかイベントがないような気がする。できれば何かしらのイベントが増えるといいなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中