(ライブとか女性ポトレの) 写真編集テクというか、Lightroomの使い方

写真を取り込んでネットにアップするまで。ショートカットキーはmac版です。

推しや知り合いのアイドルさんの盛れてない写真をネットにアップしないように気をつけような・・!ちなみにLightroomは月額980円から使えるよ。

写真編集のスタイルは人それぞれだと思うので自分なりのスタイルをみつけませう。僕はこだわりはそんなになくて、相手に合わせて編集を微妙に変えてたりもする。ただ、過度な編集は嫌いかな。

上級者向けの情報はないけど、もし自分なりのこういう現像してるっていうのがあればコメントなりくれるとうれしい。

ステップ1. Lightroomに写真を取り込む

日付とか場所とかでフォルダ作っておくと便利

ステップ2. 選別する (現像パネル)

ショートカットキーを覚えよう。aでフラグを立てる、qでフラグを切り替え(トグル)、cmd+aで全選択、cmd+dで選択解除。1枚1秒~2秒くらいで選んでる。全体をぱっとみて、良いか悪いか怪しいのは目のあたりをダブルクリックして拡大。

選ぶ好みは人それぞれだと思うけど、ほうれい線っぽいもの、目が半目・白目なもの、背景に別のアイドルの変顔がうつってるもの(ライブ写真でありがち!)などなど、表情とかが盛れてないというか、良くないものは選ばない方がいい気がする。SNSにあげる写真はいろんな人が見るので、おまいつでない人が見てもマイナスイメージを持たないような写真を選ぼう。

最後にフィルターでフラグ付きだけにするとフラグがついたやつだけに絞り込める。

スクリーンショット 2017-08-05 00.05.33

ステップ3. 調整 (現像パネル)

まずは自動補正ボタンを押す。自動補正前後で使いやすそうな方を選んで以降の作業を進める。

全体の露光の調整。露光量を適当にアゲサゲする。女性のポートレートの場合は気持ち明るめのほうが良い場合が多いのかな。あと、シャドーを持ち上げたり、黒レベルを下げて黒を引き締めたりとか。ハイライトはいじらない方が良い場合が多いかも。

色温度と色被りを調整する。迷った場合、女性ポートレートの場合気持ち黄色(アンバー)・赤かぶり方向に倒した方が無難かも。肌がゾンビっぽくならないので。

輝度ノイズ補正を適度にかける。実は輝度ノイズ補正をかけると少し肌がきれいになる。高感度ノイズが多い場合ノイズ補正を効かせすぎると塗り絵になるので注意。

(お好みで)明瞭度を下げる・・のはほどほどにしましょう。少しであれば肌がつるぴかになるけど、やりすぎるとプラスチック人形になるので・・。とはいえ最終の解像度を考えて毛穴とかは見えない感じにまでは調整しよう。

(お好みで)オレンジの彩度を少し下げ(-2〜-8)、オレンジの輝度を少し上げる(+5~+20)と美白効果があるよ。やり過ぎると発光するけどね←

スクリーンショット 2017-08-05 00.13.33

シャープネスは適宜かけよう。特に印刷する場合は必須。

どのパラメータもざっくり決めて気になるとこだけ微調整したらいいと思う。僕は1枚30秒〜1分で調整してる。

ステップ4. 見返す

読み込んだ段階、ざっと明るさを調整した段階、最終段階と見比べて、確実によくなってるか、不自然さはないかなど考える。

スクリーンショット 2017-08-05 00.15.22

以上です

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中