抗酸化物質〜美容と健康と二日酔い防止のために

抗酸化物質とは

ビタミンC・ビタミンEや不飽和脂肪酸のように酸化されやすい(他の物質の身代わりになってくれる)物質。

たとえば二日酔いはアルコールを分解したアセトアルデヒドが全身を攻撃するのが原因なんだけど、ビタミンCとかがそれを吸収してくれる、みたいなイメージ。

どういう取り方してるか

飲んだ後はC1000タケダを飲んでしまう。ビタミンCって過剰摂取しても尿で出ていくだけで特に副作用はないのでめっちゃ飲んでも基本大丈夫。ちなみに美白健康食品/薬の主立った成分がビタミンCだったりもするんだけど、ビタミンC錠剤を買った方が値段が1/10とかもっと安く済むよ。(これに関しては別記事書こう)

ウコンに関してはそもそも効果があるのか不明だし、むしろ過剰摂取は肝臓とかにダメージがアルので、ウコンを飲むよりかはC1000タケダを飲んだほうがずっといいと思う。

エゴマ油: 要はαリノレン酸, オメガ3なんだけど、二重結合を持ってる油。二重結合部分が酸化されやすいので抗酸化物質になる。エゴマ油は熱に弱いからできあがったご飯に少し振りかけたり、直接スプーンにとって少しだけ飲んだりしてる。

オリーブオイル: これはオメガ6。ざっくり油も使わずに料理してると不足しそうだからちょいちょい意図的に使うようにしてる。

ところで、油ってダイエットの敵と捉えがちだけど、油が不足すると便秘だったり肌荒れになったり、風邪になりやすかったり、わりと良いことがないので、油を減らしすぎるのは避けたほうがよかったりする。取りすぎはもちろん良くないけどね。

ちなみにDHAとかの油系のサプリってものすごくコスパが悪くて(量が少なくて値段が高い)、普通に食品から取ったほうが何倍も量がとれて安上がりやで。しそ油のサプリがDHC「シソの実油」で27g720円なのが、エゴマ油をAmazonで買うと170g920円とかなので、5倍ぐらいコスパが違う。ただし油は徐々に酸化して悪くなっていくので、買いだめはしないほうがいいね。

ビタミンEは脂溶性といって水ではなく油に溶ける物質なので過剰摂取に気をつける必要がある。過剰摂取すると体内に溜まり、副作用の恐れもある。マルチビタミン剤とかの過剰摂取は割と現実的に副作用のリスクがあるからほどほどにしようね。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中