カメラの選び方(予算1万円・8万円編)(ポートレート)

レンズ交換式カメラ(ミラーレスや一眼レフ)編も書く予定。こっちの1万円・8万円はあくまでお手軽にポートレート撮るならという話。

場面設定

  • コラボスタジオ (照明完備のスタジオ)
  • ハウススタジオ (自然光が差し込む。照明はない)
  • 屋外 (浅草や夢の国)

予算1万円〜2万円 超お手軽コース

デジカメを諦める。スマホでいかにいい写真を撮るか?という話に必然的になる。コラボスタジオの場合照明が置いてあるのでそれを利用できるが、スタンド照明がない場合LEDビデオライトをフィルライトなどとして活用するとより肌の盛れた写真が撮れる。現像はBeautyPlusでいいんじゃないかな。

照明機材は2台あると左右から照らしたりして顔の陰を極限まで減らせられるので、1台で足りない場合は2台目も買うといいです。

予算8万円コース レンズ沼を避けるコンデジコース

ライブハウスでのライブ撮影には対応できないので要注意。(望遠の強い機種なら屋外ライブの撮可はある程度対応可能)

1型または1.5型、マイクロフォーサーズ 、APS-Cあたりのセンサーを積んだコンデジならどれでも可です。ただし、高倍率モデルはレンズの質感が悪かったり暗かったりするので、ポートレート向きとは言えないです(ライブも撮りたいなら高倍率ズームモデルもあり)。単焦点モデルのコンデジはどちらかというと風景写真向けの画角(広角)なのでこれもポートレート用の1台目としては不向きです。

結論としては1型センサー以上の面積で、標準ズーム域の明るめのレンズ、できればアクセサリーシューがあるかストロボを搭載しているモデルがポートレート向きです。

ミラーレスや一眼レフと比較したときのマイナスポイントは、レンズ交換できないので画角が限られる・センサーが小さいので背景があまりボケない・センサーが小さいので夜景など暗いところでは撮りにくい(ノイジーになる)といった部分があります。逆にレンズ選びに迷わなくていいのと、コンパクトで機動性に優れるのはプラスとも言えます。

ストロボの使い方は別に記事を書く予定。

カメラの選び方(予算1万円・8万円編)(ポートレート)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中