カメラの選び方(予算15万円・50万円〜編)(ポートレート)

予算1万円・8万円コースは別記事参照

予算15万円 α7+オールドレンズ

どういう画が撮れるかというと、ぼくの普段の写真が撮れます。MFだけになっちゃう(オートフォーカスがない)けれど、ミラーレスであれば拡大表示やピーキング表示機能があるのでなんとかなります。

LM-EA7という

マイクロフォーサーズやAPS-Cでもダメではないんだけど、どうせそのうちフルサイズセンサーが好きになると思うので(値段もあまり変わらないし)α7でいいんじゃなかろうか。システムのコンパクトさを求める場合はAPS-Cセンサーのα6000なども良いカメラだと思う。

MFがどうしても辛い人はFE 50mm F1.8が同様の価格帯で買える。

予算50万円〜

推しの写真を撮るだけなら決してオススメしない。行けるライブ全部行ってチェキを積んでなおお金が余る人向けコース(笑)。撮影会にしたって、15万円コースから初めて浮いたお金で場数を踏んだほうがおそらく良い写真が撮れる。お金が余って仕方がないか本気でカメラをがんばる人向けコース。αRⅡかα9またはD850、1DXM2らへんを買って、レンズは純正の明るいのでそろえよう。一眼レフは測距点を選ぶという概念が付け加わるけどたぶん数日で慣れる。

一眼レフやミラーレスなどのカメラの仕組みを学ばずに最高のカメラが欲しい場合はソニーのフルサイズセンサーを積んだ高級デジカメ RX1R-M2という手もあるよ。40万円ぐらいかな。これにストロボとかもろもろつければ良い写真が撮れるはず。

ライティングとか現像はまた別記事で・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中