TT685SとTT350Sがワイヤレススレーブになっているかの確認方法

20180218-200113-DSC06441-Edit-ILCE-7M220180218-200230-DSC06444-ILCE-7M220180218-200238-DSC06445-ILCE-7M2

いつの間にか設定が変わっていて、スレーブとして機能しなくなっていたことがあるので自分用の備忘。

1枚目 1/3200秒で2台のTT685Sと1台のTT350Sを光らせた。

2枚目 TT685Sの設定。注意点はSLAVE表記があることと、CHとグループ設定。SLAVEになっていない場合、右端の←→というマークのついたボタンを押すと通常(クリップオン)、マスター(技適通ってないので使用不可!)、スレーブの順に入れ替わる。RMT1やRMT2という表記は不要。

3枚目 TT350Sの設定。注意点はSの表記があること、CHとグループ設定。うまく設定できていない場合、SYNCボタンを長押しし、ダイアルを回すとMとSが切り替わる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中